今、マツダのデザインといえば『魂動デザイン』soul of motion ということになります。

CX-5、デミオ、アクセラ、アテンザ、ロードスター、RF、CX-3、そしてCX-8まで、

お陰様で熱烈な支持をいただいております。本当にありがとうございます。

魂動デザインが、大地を駆け抜けるチーターをモチーフにしていることはご存知の通りです。

※2011年 TAKERI公開時のチーフデザイナー玉谷さんのインタビュー BY Zoom-Zoom BLOG

http://blog.mazda.com/archive/20111118_01.html

 

ですが、なぜチーターなのでしょうか?

豹(ヒョウ)やジャガーではいけないのでしょうか?

実際、チーターと豹とジャガーの見分けがつく方は、そうそういないのではないかと思います。

cheetah-2477273_1920

jaguar-1727406_1920leopard-592187_1920

 

 

 

 

 

 

見比べてみてもよくわからないですよね。

ということで、

チーターと豹とジャガーの見分け方を調べてみました。

 ※詳しい見分け方が紹介されていましたので転載させていただきました。

https://namamono-moratorium.com/panther-jaguar-cheetah-1954

 

gara face比較

                                                   

もうおわかりですね。全身画像は一番上がチーター、次がジャガー、最後が豹です。では、マツダ魂動デザインのモチーフがチーターである理由ですが、マツダ的に、ジャガーと豹(レパード)は選択しにくかかった、 という理由ではないことは間違いないです(笑)。実はチーターだけは他のネコ科大型動物と違っていて、頭が少し小さく体系が細く四肢が長い。つまり草原を走ることに適した体型なのだそうです。『走り』です、『走り』 。他を圧倒するようなスピードで駆け抜けるチーターの姿が美しいことには理由があったのですね。マツダ魂動デザインとチーター、本当に深~~いところで繋がっていたのですね。最後のところはあくまで勝手な解釈ですから、それ以上の意味はありませんよ m(_ _)m               

LINEで送る